疲れ目・視力回復には良い成分の補給が大切です

目の奥が痛くなる原因と対策

2017/12/25

目のサプリ

人は起きている間、基本的には休むことなく眼球を動かし、その機能を酷使しています。

パソコン作業に集中しすぎたり、仕事のストレスに苛まれると目の奥が痛くなることがあります。

通常であれば少しの間、目を休ませたり睡眠をとれば翌日には症状が治まります。

ですが日中に頻繁に目の奥が痛くなったり違和感がある場合では仕事や家事にも支障が出ますので出来ることなら症状を改善させたいですよね。

まずは症状から考えられる原因を探ってみましょう

目の奥が痛む時に考えられる原因

目の奥の痛みについて注意をしておきたい点は、原因が眼球そのものの疲れなのか、あるいは別の疾患がその痛みを発症させているのかということです。

 

・眼精疲労

パソコンやスマートフォンのブルーライトは、本来自然界に存在する刺激ではありません。その強い光を網膜の奥で情報処理し、脳に伝達させるプロセスの中で、メカニズムが以上な状態に陥ることがあります。このときに目の奥につよい痛みを感じることがあります。

単純な眼精疲労の場合は目薬をさしたり、眼球の周辺を揉んだり短時間眠ったり、少しの間、目をつぶったり精神を落ち着けることで症状が改善します。

・ドライアイ

ドライアイは眼球を守る目的を有している涙液が減少したり、質が本来とは異なったものになってしまう事で表面上が乾き、不快感を覚えるのがドライアイであり、身近な不調ですが医学上はれっきとした病気ですので甘く見てはいけません。

・群発頭痛

女性より男性に特に多いのが群発頭痛で毎日決まった時間に現れることが多く耐えられないほどの強い痛みが特徴的です。

群発頭痛の方は喫煙者の方に多く数か月周期で症状が現れたり治まったりを繰り返します
群発頭痛は鼻詰まりや鼻水、目の充血などが併発することが多く市販の頭痛薬があまり効かないことが多いです

 

目の奥が痛いときの対策法

偏頭痛や群発頭痛など頭の症状が原因で目の奥が痛くなることがあり油断は禁物です。
痛みが酷かったり長時間続くようでしたら専門医に相談して頭痛薬を処方するなどの対処が必要になります。

 

目の奥が痛くなる主な原因は、人工的な電気信号が過度の刺激を与えるためです
現代人はPCやスマフォなどのブルーライトの影響から目を酷使しがちになり目の奥の痛みやゴロゴロした違和感などを自覚している方が多く目の不調からくる腰痛や肩こりにも影響を及ぼしています。

 

情報の処理には網膜の奥にあるタンパク質がその役割を担います。
その処理のサポートをしてくれる栄養素がアントシアニンという物質になります。

 

アントシアニンはブルーベリーなどから採取でき、サプリメントとしても流通しています。
デスクワークなど、眼を必要以上に使う仕事に従事している人は、必要に応じてサプリメントを摂取するのも好ましいといえるでしょう。