疲れ目・視力回復には良い成分の補給が大切です

目にいい代表的成分と効果

2017/12/05

現代はスマートフォンやパソコンなどの電子機器が発達し、生活の一部として
仕事に学業に趣味に、調べ物といったように生活に欠かせないものです。

 

そうした中多くの人が感じるのが視力低下や目の疲れです。
小さな文字を長時間読み続けたりすることで目の表面が乾燥して
傷つきやすい状態になったり、目の周りの血流が悪化してしまい栄養分が
行きわたらなくなってしまうことで視力低下が起こるのです。

 

こうした状況を改善するには目の周囲を温める、目薬などで目を保護する、
目を休める習慣をつけるといったことがありますが、目に良いとされる成分を
摂取することも大きな効果になります。

 

目にいいといえばブルーベリーが有名ですが、これにはアントシアニン
含まれているからです。

 

アントシアニンは青紫色の色素成分でメラニンのような働きがあることで
紫外線のダメージから目を保護する役目があります。

 

また強い抗酸化作用を持つので目の老化を促す活性酸素から細胞を守る働きもあります。

 

また、目にいい効果のある成分としてルテインもあげられます。

 

これは老化が原因で起こる加齢黄斑変性症や白内障、緑内障の予防に効果があります。
これらの成分を摂るにはサプリが適しています。毎日決まった量を飲むだけで、
手軽に確実に必要量を摂取することが出来るからです。

 

視力が低下することで生活に不具合が生じたり、肩こりや頭痛の原因にもつながります。
しっかりと予防していくことが大切です。