疲れ目・視力回復には良い成分の補給が大切です

ブルーベリーが視力改善に良い理由

2017/12/05

ブルーベリーが視力改善に良い理由はアントシアニンが含まれていることです。
加齢を除く眼病の原因の多くは光に含まれている紫外線やブルーライトです。

 

紫外線やブルーライトが入り込むと、目の中で活動している活性酸素を
攻撃して悪性の活性酸素に変化させてしまいます。

 

その悪性の活性酸素が目の組織を攻撃することによってピントが
合わなくなり視力が低下します。

 

さらに視力低下にとどまらず、その状態を放置すると白内障や緑内障そして
スマホ老眼などの眼病を引き起こすきっかけになってしまいます。

 

そこでブルーベリーが視力改善に良い理由のアントシアニンが効果を発揮します。

 

アントシアニンはブドウやナスなどの皮の色が紫色の色素の正体です。
これはブドウやナスも紫外線による影響は害なので、その紫外線の影響から
守るために自身で分泌するのがアントシアニンなのです。

 

アントシアニンはナスやブドウは紫外線を通さないために分泌するものですが、
それを人間が摂取すると肝臓で分解されて血管を通して全身に運ばれます。

 

そしてアントシアニンは全身の血管から運ばれると、それと同時に血管や細胞内に入り込んだ
悪性の活性酸素に入り込んで活性酸素と有害化させる物質を切り離して無害化します。

 

そして目の場合には切り離して無害化した後に、アントシアニンはルテインと共に
血流促進を促すことによって目に必要な栄養素を運ぶ手助けをします。

 

これらの一連の活動によって目の細胞は息を吹き返すことによって、目の視力改善と
眼病予防につながるというわけです。