疲れ目・視力回復には良い成分の補給が大切です

視力が低下する主な原因

2017/11/24

視力が低下する大きな原因は目が疲れた状態を長時間続けてしまうということです。
例えばテレビやスマートフォンやパソコンといった画面を見続けていると
目の奥にある毛様体筋という筋肉が長時間緊張状態のままになってしまいます。

 

そうなると遠くを見たり近くを見たりするときに自然と水晶体が
厚くなったり薄くなったりしてピントを調整してくれるのですが、
このピントを良性する機能が衰えてきてしまう恐れがあるのです。

 

特にスマートフォンやパソコンなどの画面を長時間見るなど目を酷使していると
毛様体筋が衰えてしまい視力を低下させてしまいます。

 

疲れ目になるまで長時間画面を見ないようにして目を休ませてあげることが大切です。

 

毛様体筋とは別にパソコンやスマートフォンを見続けていると
目にダメージを受けてしまうことがあります。
それは画面から出ているブルーライトの影響があるからです。

 

テレビや電球など光を発するものからはブルーライトが発せられているのですが、
スマートフォンやタブレットやパソコンは特にブルーライトの影響が強いので注意が必要です。

 

またスマートフォンやパソコンなどを利用するときはテレビなどと比べて画面に
より近寄って利用することが多いので目にダメージを受けやすく視力の低下の
原因になってしまいます。

 

年齢によって視力が低下する老眼はピントを調整するための毛様体筋が
弱くなってしまうことが原因で起こる症状です。

 

テレビなどを長時間見て目を酷使していると老眼になるのも早くなってしまいますので

疲れを感じたら適度に目を休めてあげる事が視力の低下の予防にもつながります。