疲れ目・視力回復には良い成分の補給が大切です

疲れ目や眼精疲労の際に摂りたい成分

2017/11/16

近ごろでは、疲れ目やかすみ目などに悩んでいる人が
あらゆる世代で増えてきています。

 

疲れ目が悪化することによって深刻な眼精疲労となる場合も多く、
早い段階でしっかりと対策をしていくことが深刻な眼病の予防にもなってきます

 

眼精疲労の主な原因としては、パソコンやスマートフォンの画面を
長時間見ることによってブルーライトを大量に浴びてしまうことが挙げられます。

 

ブルーライトはエネルギーが大きく、網膜にまで達して目に
損傷を与えることにつながります。

 

スマートフォンの画面から出る光は有害で浴びすぎると涙が
止まらなくなったり目に痛みを感じる症状も出てきます。

 

そうなる前に、日頃から一定時間目を休ませるなどの対応が必要なのです。

疲れ目・眼精疲労に不足している成分

眼精疲労を改善するためには、ブルーライトを
吸収する成分のルテインが効果的です。

 

ルテインは目の疲れを和らげて光からののダメージを吸収、
軽減してくれる効果があり天然のサングラスともいわれています

 

そのため、ルテイン含有量の多い人参やほうれん草、かぼちゃなどの
野菜を積極的に食べることによって、健康的な眼を取り戻すことに近付けるのです。

 

ルテインは、水晶体など眼の網膜の一部にあり、眼の細胞に悪影響を与える
ブルーライトから守ってくれますので、非常に頼りになる味方としても多くの
人々から親しまれています。

ルテインの必要摂取量

ルテインは主に緑黄色野菜に含まれている成分ですがケールや
ほうれん草に豊富に含まれていることが知られています。
通常であれば6mgのルテインを摂取するためにほうれん草では
約1/2束必要で目の不調を自覚している場合は毎日1束が必要です。

 

食事からルテインを摂取することが理想ですが毎日食べ続けることは
難しい場合はサプリメントから補うのが良いでしょう

サプリメントで摂取すると、いつでも持ち歩けて非常に便利ですね。
このように、つらい疲れ目に悩みを抱えている人にとっては、ルテイン配合の
サプリメントを積極的に摂っていきましょう