疲れ目・視力回復には良い成分の補給が大切です

ルテインが目に働きかける効果

2017/11/09

目にいいサプリ

ルテインとは、目の水晶体や黄斑部などに
もともと存在している成分です。

ルテインには強力な抗酸化作用を持っており、
目や皮膚などの様々な部位の健康を守っています。

ただし、体内では作ることのできない成分ですので
毎日の食事やサプリメントなどで補っていく必要があります。

ルテインの効果

ルテインは視力改善に働きかける成分として知られています。

パソコンやスマートフォンを見ていると液晶画面からブルーライトが
発せられますが、それから目を守っているのがルテインです。

不足すると疲れ目やドライアイ、眼精疲労などが引き起こしやすくなります。
そのため外側から摂取することによって発生する活性酸素などを除去し、
疲れ目やドライアイなどを改善していく効果を期待することができます。

それ以外にも黄斑部を活性酸素から守ることで、黄斑変性症を予防する効果を得られます。

また、白内障はタンパク質が活性酸素によって変性し、白く濁るために見えづらくなる
症状ですが、有害な光線もルテインが吸収してくれるため活性酸素をおきにくくすることで
白内障予防につながります。

ルテインは、ビルベリーと一緒に配合されているサプリメントが多いです。
ビルベリーには目に効果的なアントシアニンが豊富で、網膜に必要なタンパク質である
ロドプシンの再生を促して血行を良くする効果があります。

ルテインとアントシアニンを同時に摂取することによって、相乗効果を期待することができ、
より効果的に視力を改善していくことができるようになります。